京都市第1011号登録博物館
京都市右京区嵯峨鳥居本仏餉田町12
電話:075-882-1421
現在の展示

期間:令和4年9月10日(土)~
  :12月11日(日)まで

休館:月曜日〔祝祭日の場合、翌平日が休館です〕

■秋期開館
【企画展】人形の世界の動物たち 展
【期 間】2022年9月10日(土曜日)~2022年12月11日(日曜日)
【内 容】店先でお客さんを招く『猫』、鬼退治にお供した『犬・猿・鶏』、疱瘡を避ける『ミミズク』、様々に活躍した動物たちがご利益のある人形となって作り続けられています。そんな動物のお人形を展示いたします。
【休館日】月曜日〔休日の場合、翌平日が休館。
■常設展示
(1)江戸時代に作られたカラクリ人形の実演をいたします。
水銀を使った『段返り人形』、水と空気と重力を使った『自動噴水』、箱の中に糸と梃子と連接棒を巧みに組み合わせた『諫鼓鳥』、妖怪をモチーフに滑稽な動きで楽しい『神戸ドール』
(2)文化財になったお人形さん
(3)日本全国の郷土人形〔約8千点を常時入れ替え〕
(4)来年の干支人形〔年賀切手の題材に成ったお人形さん・他〕

現在の展示

■秋期開館
【企画展】人形の世界の動物たち 展
【期 間】2022年9月10日(土曜日)~2022年12月11日(日曜日)
【内 容】店先でお客さんを招く『猫』、鬼退治にお供した『犬・猿・鶏』、疱瘡を避ける『ミミズク』、様々に活躍した動物たちがご利益のある人形となって作り続けられています。そんな動物のお人形を展示いたします。
【休館日】月曜日〔休日の場合、翌平日が休館。
■常設展示
(1)江戸時代に作られたカラクリ人形の実演をいたします。
水銀を使った『段返り人形』、水と空気と重力を使った『自動噴水』、箱の中に糸と梃子と連接棒を巧みに組み合わせた『諫鼓鳥』、妖怪をモチーフに滑稽な動きで楽しい『神戸ドール』
(2)文化財になったお人形さん
(3)日本全国の郷土人形〔約8千点を常時入れ替え〕
(4)来年の干支人形〔年賀切手の題材に成ったお人形さん・他〕