博物館 京都さがの 人形の家

人形種Categories

嵯峨人形

dscf4724

嵯峨人形は木彫りで、衣裳部分に細かく絵の具を盛り上げ、金彩を加えて美麗に仕上げられており、時代的に最も古い嵯峨人形は、江戸中期、貞享・元禄頃(1684-1704)に制作され、首を上下に振ると舌を出すからくり仕上げとなっています。これらは、年月の経過で全体に重く沈んで憂いを含んだように見えるのが特徴です。江戸後期になると市井の風俗を取り上げるようになり、これを風俗嵯峨と呼んでいます。

一覧に戻るBack to List 人形を見るView Dalls

ページトップへPage Top