博物館 京都さがの 人形の家

人形種Categories

郷土人形 元型

肘付思案男

元型は、非常に細かい良質の陶土で作った原型です。この原型は雄型(おすがた)で、普通は原型師と呼ばれる人が、ヘラひとつで作ります。これをよく乾燥させ、丁寧に窯で焼き上げます。なかには瓦焼きにするものもあります。このできた雄型から雌型(めすがた)を取ります。
これも同様に細かい良土を使用して焼き上げます。現在は、石膏型も使われていますが、以上の行程は、古い時代から現在まで変わりません。
余談ですが、職人仲間で原型のことを「タネ」と言い、原型師を「タネ師」と呼んでいます。

一覧に戻るBack to List 人形を見るView Dalls

ページトップへPage Top